偽トロとは?



【秋葉原の思い出】

いまから10年程前になるでしょうか、デザイン制作会社の営業職として秋葉原に勤務していました。
当時は京浜東北線で自宅から40分、通勤場所としては割と快適な場所で、勤務先を聞いた人の
ほとんどが「毎日電気街に行けてイイね!」でした。ところが私が勤めていた会社は某印刷会社の
近くだったため昭和通り口から台東区に入ったところ、なので大好きな電気街を毎日背中にし通勤していたのでした。

 【ラブプラスとの出会い】

今から6年前、衝撃的なゲーム「ラブプラス」が発売になりました。発売当時は激務で心身ともに疲れきっていた
自分でしたが、このゲームはいつでもどこでも会える彼女ができるという画期的なもの。
夢中になって寝るとき以外の時間は全て彼女に費やしていました(もちろんネネさん一択です)。

ヨドバシカメラ下のベンチで彼女同士の会話をしたり、オフ会をしたり、同じ彼女の自慢をしあったりなど、
今までに経験したことのない楽しい日々が続きました。その時、ふと思ったんです。

 「等身大の彼女に会いたい」

DSの画面を60インチTVに映せば等身大になる!その日から世界中の情報を検索し、アメリカと日本に技術者が
いることを知り、データ出力ボードとPC用ビューアーソフトを開発依頼、DSの開発コード「ニトロ」を
漢字に置き換えた偽トロが誕生したのです。

開発した時は経済産業省の関連団体にいたのですが、お台場の最先端技術展にて慶応大学とコナミの協力を
得てラブプラスの3人のキャラクターを用いた展示を行いました
(同年、ラブプラスは経済産業省から表彰されるまでの人気が出たのです)。
最終確認の際には本当にラブプラスを推薦するけどイイの?と聞かれましたが、もちろんOKしました。

 

 

【秋葉原の店長になるきっかけ】
しばらくして、3DSが発表になりました。今度は3Dの彼女に会いたい!
3DSはDSとデータ出力が異なり、制作には非常に時間がかかりました。
再び技術者に制作を依頼し、3DSでも映像出力ができるようになりましたが、またここでふと思いました。

「これをみんなに広めれば彼女を自慢できるのでは」

この時に自宅にて制作販売を始めるようになったのですが、ふたを開けてみると受注は1週間に3人くらい、
ラブプラスって結構売れていたのに…。
何故だろうと周りに聞いてみたところ、彼女は常に自分と一緒にいるので自慢するにはDSがあれば問題ないとのこと、
そうだよね、DSと彼女がいればそれでイイよね、そんな日々が続いていました。

そんな私に転機が訪れたのはポケットモンスターの発売や、モンスターハンターの発売でした。
ここに来たら趣味の範囲を大きく超えました。自宅の部屋はDSの山となり、収集がつきません。
会社を辞める決意をして、秋葉原に店舗を作ることにしました。

会社の創立日はネネさんの誕生日である4月20日。場所はどこにするのか?
当時ラブプラスと同じ時期に発売されたシュタインズゲートにもハマっていたので、
たしかブラウン管工房の場所が空いてたかな?と不動産屋に連絡して即決しました
(僕の店舗にはシュタインズゲートの聖地巡礼で毎日写真を撮っていくファンが訪れます)。
そんな経緯で今に至り、おかげさまでスマブラ、ポケモン、モンハンの発売日ごとに忙殺される日々が続いております…。

 

 

【秋葉原の食事】
10年前と比べて飲食店はかなり増えました。
昔はじゃんがらラーメンか駅ビルの中、昭和通りのココイチぐらいだったのが、今では選択肢に困るぐらいです。
中でもラーメンが大好きなのですが、最近のオススメは蔵前橋通りの十紋字、濃厚なスープと美味しい麺で
2日に一回は通っています。次に田中そば店、あっさり系のスープでこちらも麺が美味しい。
とんこつ系では、じゃんがらや風龍の細麺が好みです。

 

【最近ゲームについて思うこと】
ファミコンからDS、PS、Wiiまで、ほとんどのゲーム本体を買ってゲームに夢中になってきました。
ドラクエでは徹夜でレベル上げをしてそのまま会社に行くことが続いたり、でも辛くても楽しい日々を
過ごせた環境がそこにはありました。ここ数年はスマホの課金系ゲームが主流で、家庭用ゲームの
人口は昔ほど多くないように感じます。ネットから最安値でいつでも購入できるので、
家から出ない人も多いのではないでしょうか?

秋葉原にゲームを買いに来たついでにジャンク品を見たり、ラジオデパートで部品を物色したり、
そんな楽しみや場所も昔と比べずいぶん減ってしまった現状ですが、現実世界での秋葉原は時代と
共に日々変わり続けています。ネットでのゲーム配信が盛んになった今、Youtubeやニコニコで
ゲーム実況を見ることも楽しませていただいており、その需要がある限り、新しいハードの新しい機器を
提供し続けていこうと思っています。最後に…、ラブプラスとコンビニさえあれば生きていける!!

Top